補聴器の選び方[補聴器]

ご自身の聴力や使用目的に合わせて選ぶ

補聴器には様々なタイプがありますので、
どのタイプの補聴器が自分にぴったり合うのかをよくご検討の上、
ご自分の聴力に合わせて、補聴器をきちんと調整することが重要になります。
まず、耳のきこえ具合(聴力)に対応している
補聴器を絞り込み、使用環境、使用目的に合わせて選びます。

補聴器の種類と特徴

耳穴タイプ・目立たない
・音質が自然
・軽くて小さい
・メガネや電話の邪魔にならない
・小さく操作しにくい
・パワー不足
・ハウリングがおきやすい
・成長する子どもは不向き
・価格が高め
耳かけタイプ・器種が豊富
・軽〜重度まで幅広い聴力に対応
・カラーが豊富
・電池交換が楽
・髪が短い人は人目につきやすい
・汗の影響を受けやすい
ポケットタイプ・手元で簡単に操作できる
・価格が安い
・強い音量が出せる
・マイクを相手の口元に近づければ、騒音の中でも聞き取りやすい
・単3電池で動くものが多く電池の取り扱いが楽
・大型で目立ちやすい
・コードが邪魔
・洋服の衣擦れ音など雑音が入りがち
・本体にマイクロホンがあるタイプは音が不自然
・細かい調整ができない